スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

進むべき道

2009⁄08⁄01(土) 23:00
批判&炎上覚悟で、書きます

「進路」のことを考えてると、よく疑問に思うことがあります。

それはいい大学に行けば、必ずいい人生が保証されるのか?ということです。

昔はそうだったのかもしれない(実際知りませんが)ですが、最近の社会などを見ていると、ちょっと

違うよなぁ~って思います、俺は。

確かにいい大学、より高いレベルの教育や研究を求めて学に勤しむのはいいことかもしれません。

でも、目的もなしに学費が安いからと国公立だ、地元だなんだって親はいいます。

確かに、経済的やその他事情はあるかもしれませんが・・・

俺には、「大学で英語(英文ではなく英語学)か国語(国文学)をやりたいという目標があります。

にも関わらず、先生と親は「そんなのやったって教師にしかなれない」「就職が悪い」といって

三者面談の時、鼻で笑うんです。

その出来事があってから、「いい大學いい学部に入れば人生バラ色なのか?という疑問が

湧き出てきたわけです。

「学歴は一生残るものだから、高くていい学部卒のほうがいい」というそれだけの考えで

決めていいんでしょうか。

なんか世界が狭い感じがしますが・・・所詮大人ってそんなもん??

「いい人生=高学歴でいい仕事をし、金持ちである人生」

俺はそんな周りの大人の考え方が大嫌いです。

自分が興味のある(好きな)学部に入り、好きなことをし、好きな職業に就く。

思い通りにはいきませんが、学部、職業にいい悪いはないと思いますよ。
スポンサーサイト

TOP

Comment

No title

 はじめましてあさおと申します
 のっさりやってる受験生ですが、ちょっとコメントをば
 
 わたしも、「いい大学」とか「偏差値高い」とかいう考え方はあまり好みません。 まあ実際、某最高学府と呼ばれる大学出て後ニートっていう人もいてしまうわけですし
 基本はやっぱり、学校入って満足できるっていうことが大切なんじゃないだろうかと思っています それは最悪、極貧生活になっちゃう時があっても、楽しければ多少は乗り越えられることもあるはず
 ぶっちゃけ、エリート=楽しい人生 は全ての場合において成り立つわけではないとも言えます
 ただ一つ、憂慮すべき点があると言えば、当たり前のことですが金銭的問題
 教師は、学校の体面の為に『就職できる』『名の通った』大学に行かせたがるわけですが(というか、そう割り切っていっそドライな契約と思ったが良いと思っている)、親なんかはなんせ自分の懐から相当量飛んでくわけじゃないですか
 それを考えたら、せめて将来、ある程度稼げるっていう、姑息(?)な計算も入れるべきじゃないのかなと思ったり
 じゃなかったら、奨学金で自力で行っちゃうぐらいに考えたら
 あとは文句を言われる筋合いは無いと思います
 
 ああ、長々とはじめてのコメントで、すみません。 
 
2009⁄08⁄03(月) 22:34 | | [edit]

Trackback

http://kuroishi884.blog76.fc2.com/tb.php/10-c8ce72af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。